ホーム
寺報妙彩目次
寺院行事
冠婚葬祭



元旦勤行 
 正月の意義
 -正月をもてなす人は徳もまさり人にも愛せられ候なり- 


 正月一日は古来、様々な行事が行われ、一年中で最も意義深い祝日とされてきました。
 日蓮大聖人様が、
 「五節供の次第を案ずるに、妙法蓮華経の五字の次第の祭りなり。正月は妙の一字のまつ()り」(御書三三四頁)
と仰せのように、中でも本宗元旦勤行の意義は深く、めでたい行事の一つです。
 「一陽来復(いちようらいふく)」という言葉がありますが、これは「陰極まって陽生ずる」という意味です。つまり冬至や新年を前に、あらためて一切が陽に向かって開いていくということです。今までの色々な悩み、苦しみ等の問題を新しい年に解決し、立派に道を開いていくという意味があるのです。
 人間の相もまた陰・陽の中において幸せも不幸せもありますが、その根本はすべて一つのところ、いわゆる妙法蓮華経の五字から顕れるのであり、妙法蓮華経の五字の中に一切が籠もっているのです。要するに、一切の根本が妙法蓮華経の一にあり、それを一年を通じて考えれば、正月の一日がその根本の始めに当たるのです。それ故、元旦に本因妙の妙法蓮華経の修行をするところに未来永遠にわたる即身成仏の根本の相があり、そこに尊い意義が存するのです。
 また、大聖人様は『十字御書』に、
 「正月の一日はひのはじめ、月の始め、とし()のはじめ、春の始め。此をもてなす人は月の西より東をさして()つがごとく、日の東より西へわたりてあき()らかになるがごとく、とく()もまさり人にもあい()せられ候なり」(御書一五五一頁)
と御教示あそばされています。世間でも「一年の計は元旦にあり」と言いますが、まさに元旦は、日の始め、月の始め、年の始め、春の始めであり、この元旦を大切にすることは、一年を大切にすることになり、ひいては一生を有意義に暮らすことにも通じるのです。
 仏法では、修行の第一を「発願(ほつがん)」といい、最初に願いを(おこ)します。発願の心を起こしたならば、その人の仏道修行はすでに半ばにも達したと言われるほど、この始めということを大切にするのです。
 そして「初心忘るべからず」の言葉のごとく、初心を貫くことは容易なことではありませんが、生死の一大事を決定する仏道修行においては、初心貫徹如何が、成仏得脱の一大要件として示されるのです。
 一切のの世事に先駆けて、まず寺院に参詣し、新年最初の元旦勤行をしっかり勤めましょう。そして地涌の菩薩の眷属の名に恥じない、確信に満ちた修行に邁進できるよう、心新たに御本尊様に誓願申し上げることが最も肝要です。

             
 元旦勤行で一年を祈る  
 

 キリスト教国では、イエスキリストの生まれた日
とされる12月25日のクリスマスが、新年の御祝いよりも盛大で重要なものになっているようです。日本人がキリスト教と接して以来、とりわけ戦後の日本は、商業宣伝によってもキリスト教徒でない人をも巻き込んでクリスマスが盛んになっています。
 その影響もあってか、日本古来の正月を大事にするという意識が希薄になっているように思います。

 さらには、正月の初詣といっても、テレビ等で放映される有名神社に参詣する人が多くなりました。その姿は、ポケットの小銭を賽銭箱に投げ込み、数秒間手を合わせる程度です。
 もとより神社には善神はおりませんが、これで一年の無事を願うというのは本人は自己満足でしょうが、はたから見れば滑稽であります。
 日蓮正宗では、日々御本尊様へ勤行唱題し、折伏行に精進しておりますが、特に年の始めを大切にしております。総本山大石寺をはじめ全国末寺において、元旦勤行を執り行っております。ここでは、読経唱題をいたし、下種三宝への御報恩と広宣流布を御祈念し、立正安国の実現と人類の幸福を願うとともに、信徒の一年の無事息災を御祈念申し上げます。
 あなたも是非御参詣下さい。
    日蓮正宗東京第二布教区発行布教文No20


   TOP