ホーム 寺報妙彩目次 御住職の法話目次 御住職の法話 (212②号)
 
 

 親に何か良い物をあげようとして、何もあげられなくても、一日に二・三回ニッコリ笑いかけなさい。それだけで、親を思うあなたの気持ちは充分に伝わるのです。(取意)

 
 
  サザエさんに学ぶ
 
     
   みなさんこんにちは、
 慈本寺の住職をさせていただいています小橋道芳と申します。
 どうぞよろしくお願いします。

 私が、こちらの教区に赴任して来まして、今日で6回目の少年部広布推進会になります。
その6回のウチ、今日で4回目のお話となります。

 別に嫌がっている訳ではありませんよ。
ありがたいことです。
 しかし、毎回何をお話しすればいいのか非常に悩みます。
それは、部員の年齢が赤ちゃんから小学六年生まで幅広いからです。

 過去には、アンパンマンとかドラえもんネタでお話をしました。

 今日は、色々考えた末、「サザエさん」をもとに、お話したいと思います。

 たぶん、この会場にいらっしゃる方で、「サザエさん」を一回も見た事が無い人はいないと思います。
 40年以上続いている番組ですから、私も子供の頃は毎週見ていました。
国民的人気漫画ですから、人々の生活に根付いています。

 例えば「あそこの御主人はマスオさんだから」と言えば、奥さんの親や家族といっしょに、上手に暮らしている人という意味で、誰にでも通じます。

 また、サザエさん症候群という言葉まであります。これは日曜日の夕方、特に6時半から放送される『サザエさん』を見た後、「あ~あ。楽しい休みが終わって、また明日から学校か~」と思うと、何だか急に寂しくなったり、力が入らなくなって、体調まで崩す人が出るということです。
 皆さんはどうですか?

 今日、皆さんにお話しするに当たり「サザエさん」の事を調べますと、色々知らなかった事がたくさんありました。
 まずは、明日学校に行ったら、ちょっと友達に自慢できるサザエさんネタを御紹介します。

①結婚当初はサザエさんとタラちゃんとのマスオさんの3人で磯野家の近所にある家を借りて住んでいました。
サザエさんが家の持ち主と喧嘩し追い出されたため、実家に戻り現在に至っています。

②サザエさんのオープニングの観光地巡りは協力金が支払われている。
実はタダでは無いのです。観光地をアピールするために自治体や県が“協力金”という名目で、数百万円のお金を支払っています。
これは半年間の金額なので、テレビの業界からすると、物凄く安い金額でお茶の間への観光地をアピールしてくれている事になるそうです。

③タラちゃんには、ヒトデという妹がいます。
昭和29年に出版された『漫画読本』に『サザエさん一家の10年後』というコーナで作者が発表しました。ちなみにヒトデはワカメちゃんそっくりです。

 いつまでもこんな話ばかりでは、御本尊様に怒られてしまいますので、視点を少し変えてお話を続けます。

 次に、わたしなりに、サザエさん一家のいいところを考えてみました。

 1、みんなそろって、おやつやごはんを食べる
 2、ちゃんと正座する 姿勢がいい  あいさつ 言葉遣い
 3、お父さんやマスオさんの送り迎えを皆でする
 4、お父さんが怒るときは別室に呼んで、冷静に本気で怒る

 皆さんはどうですか?私たちも大いに見習うべきです。

 また、サザエさんが人気の理由は、私が思うに、全員が歳を取らないという事も挙げられると思います。サザエさんの話は、毎週、短いエピソードが3つです。数ヶ月・数年見なくても、カツオはずっと小学5年生で、いくらちゃんは「バブー」とか「ハイ」しかしゃべれません。
 だから、いつ見始めても、話が進んでしまう事が無いので安心して見られます。

 また、歳を取らないと言う事は、お父さんやお母さんがいつまでも元気で、大きな病気にもなりませんから暗い話になりません。
 子供も成長することは素晴らしい事ですが、年頃になれば、思春期独特のイライラや不安や苦労もあります。サザエさん一家の子供達はその手前ですから、「ウザイ」とか「キモい」とも言いませんから、家の中が嫌な空気にもなりません。

 ですから、サザエさんの家族には、いつも温かい空気が流れていて、テレビを通じて見ている人達も、温かい気持ちになるのだと思います。

 それでは最後に、現実世界の話をします。

 現実世界では、みんなドンドンと成長していきます。
カツオやワカメより年下だった人でも、いつの間にか追い抜いて中学生になります。
 皆さんが一つ歳をとって成長するということは、お父さんやお母さん・おじいちゃんやおばあちゃんも一つ歳をとります。
 すごく当たり前の事ですが、皆さんが成長するにしたがって、おじいさん・おばあさんやおとうさん・おかあさんはだんだんと体が弱っていきます。病気にもなります。

 だから、皆さんはお年寄りや親をもっと敬い、大事にしなければなりません。いつまでも元気ではいられないのです。

 大聖人様は、
 親に何か良い物をあげようとして、何もあげられなくても、一日に二・三回ニッコリ笑いかけなさい。それだけで、親を思うあなたの気持ちは充分に伝わるのです。(上野殿御消息 921頁)
と仰せです。
 親だけでなくて、「家族」や「お友達」など誰に対してもこの気持ちを持って下さい。

 また、現実の世界は、漫画以上に、つらい事や悲しい事もたくさん出てきます。しかし、皆さんは磯野家と違って、御本尊様に南無妙法蓮華経と唱える事を知っています。
 家族で団結してお題目が唱えられる家は、どんな事が起こっても乗り越えて行けるのです。
 こんなにありがたく、幸せな事はありません。

 また、若いお父さんやお母さんは、子育てや生きる事に必死で、周りを見渡す余裕も無いかも知れません。
 しかし、サザエさんでよく見る、皆で揃って食事をするというありふれた光景が、実はかけがえのない時であり、しかもそれはそう長くは続きません。
 子供はあっという間に巣立ってしまいますし、自らは老いていきます。今を大事にして下さい。
 そして、何をさし置いても「そんな事をしたら罰が当たるよ」とか「御本尊様のお陰だ」という厳格なる因果の道理と報恩感謝を子供に教えて下さい。
ちゃんと勤行が出来て、それらをわきまえた子供ならば、必ず立派な広宣流布の人材として成長できます。

 中には親の都合で子供を御講や大事な法要に連れてこない家もあります。子供が小さいうちは、親が連れて来ない限り信心活動は出来ません。

 そういった意味でも、本日こうして連休中ではありますが、推進会に親子で参加できる家庭は、素晴らしい家庭であり、もっと各支部内で啓蒙して下さい。

 以上でお話を終わります。
 ご静聴ありがとうございました。

   少年部広布推進会の砌
                  
  TOP  




 
     アンパンマンの話  
     
    みなさんこんにちは。慈本寺の小橋道芳と申します。

 今日は皆さんもよく知っている、アニメのアンパンマンの話を中心に、お話しさせていただきます。

 この中でアンパンマンを見たことがない人いますか?(ほとんどいないようですので安心してお話が出来ます)

 小学校の高学年の皆さんからすると「アンパンマンなんて幼稚な話をされても…」と心の中ですでに引いている人もいるかもしれませんが、頑張って最後まで話をきいて下さい。

 アンパンマンの始まりの歌は、とっても良い歌です。作詞はアンパンマンの作者、やなせたかし氏がしています。

 歌の最初は

『そうだ うれしいんだ生きる よろこびたとえ 胸の傷がいたんでも』

とありますね。

 ふだん皆さんは、生きているということをあまり意識しないかもしれませんが、これはとっても素晴らしいことですし、嬉しいことなんです。

 大聖人は、命の尊さについて『可延定業御書(かえんじょうごしょ)』というお手紙に、
「命とは、人の体の中でも一番貴重な宝なのです。一日でも寿命をのばすことは、いくらお金を積まれても叶わないからです」

 と仰せです。

 とくに皆さんは、成長期といって、毎日少しずつ背が伸び、色んな事を勉強して知識も豊富になり、小さい頃出来なかったことが出来るようになったりと、一人一人が確実立派になっています。

 ただ、毎日の暮らしの中では、楽しいことばかりでなく、自分の思い通りにならいことや、悲しいことや辛いことが、どんな人にも起こってしまうのです。それでも、生きているって嬉しいことなんだという歌の意味です。

 これは、アンパンマンのお話の中にも、思い通りにならない話は、よく出てきます。

(みなさんに聞いてみたいと思います)

 ばいきんまんの好きな人は誰ですか?

 そう ドキンちゃんです。

 では、ドキンちゃんの好きな人は誰ですか? 

 そう しょくぱんまんです。

 じゃあ、しょくぱんまんの好きな人は誰ですか?
 ・・・  
 しょくぱんまんはみんなに優しくて、特に好きな人はいないようです。

 このように、自分が好きだと思っている人から、同じように思ってもらえないことはよくあることなのです。

 皆さんが想像もつかないような大昔から、人々は自分の思い通りにならないことに苦しみ、悩んできました。その中で、この苦しみを解決できる方法はないかといろんな教えが生まれてきたのです。

 ここに集まっている皆さんは、この悩みや苦しみを解決できる方法を知っているはずです。どうしたらいいと思いますか?

 そうです、勤行をしてお題目を唱え、修行することが一番大切です。ただ、それだけではだめで、我慢するところは我慢する。頑張るところはあきらめないで頑張ることが大切です。これも大切な修行なのです。そうすると、どんな悩みでも解決していけるのです。

 なぜ解決できるかと言えば、ご本尊様の功徳は、とっても大きくて深いからです。功徳とはご本尊様にお祈りして、いただけるものです。どんなお願いでも、それが正しいお願いならご本尊様は必ずきいて下さいます。ゲームやおもちゃが欲しいとか、お菓子をいっぱい食べたいというのは正しい祈りとは言いません。

 みんなが幸せになれるようにとか、鼓笛なら大会で自分の精いっぱいの演奏ができますようにという事が正しいお願いです。

 ご本尊様にお祈りしていると、アンパンマンのように正しく強い子になれます。

 困っている人や、泣いている人を見ると助けてあげたい、なぐさめてあげたいと思えるようになります。

 また、悪いことをしている人、弱い子をいじめている人に、勇気をだして注意できる子になれます。

 自分の嫌なこと、苦手なことにもどんどんチャレンジしていける子になれます。

 なまけたり、悪いことをしようという気持ち が自然と無くなっていきます。

 今言ったことは、なんだ簡単だよと思うかもしれませんが、とっても大事なことだし、難しいことなのです。

 ご本尊様に手を合わせて勤行やお題目を唱える と、じぶんの心がどんどんきれいになっていけるのです。これがご本尊様のおおきな功徳なのです。

 正義の味方アンパンマンでも、力が出ない時があります。 

 それはどういう時ですか?

 顔がぬれたり、カビや泥などで汚れたり、顔の形が変わった時ですね。その場合、ジャムおじさんが新しい顔に取り替えて元気になっています。

 みなさんが力の出ない時はどうしますか?

 そうです、私達は顔を取り替える訳にはいきません。お題目を唱えるのです。そうすると、自分の命がどんどん喜んで強くなるのです。とっても嬉しい気持ちになり、どんどん力が湧いてきます。

 この嬉しい気持ちを、御本尊様を知らない人に教えてあげることが、折伏なのです。

 大聖人様は、「ほかの宗教では幸せになれません。南無妙法蓮華経と唱えなさい」と言い続けられましたが、お侍さんたちに何回も命を狙われ、殺されそうになったり、お説法を聞いた人からは石を投げられたり悪口を言われました。

 本当に正しい教えというのは、他の宗教によって命の汚れている人が信じたりわかることはむずかしいのです。

 とにかく、折伏するには、折伏したい人のことをご本尊様に祈ってあげることが大切です。そして、一生懸命にその人のことを思って話してあげることが大事です。

 学校でふざけてばかりいる子や、いじわるばかりする子の話は、誰も聞いてくれません。普段から、ご本尊様を信じている子としての立派な態度があって、はじめて、話を聞いた人も、納得してくれるのです。

アンパンマンの歌の続きに

  『なんのために 生まれて なにをして 生きるのか

          こたえられない なんて そんなのは いやだ 』

という歌詞があります。

 とっても大事な事を言っています。

 みなさんは、お父さんやお母さんの宝物として生まれてきました。いらない子なんて一人もいません。何のために生まれてきたかと言えば、御本尊様を信じて、知らない人にも教えてあげるために生まれてきたのです。

 ですから、みなさんは御本尊様の宝物でもあるのです。お家に御本尊様があるということは素晴らしいことですし、とってもありがたいことなのです。

 御本尊様を信じていけば、自分自身が持っている最高の力を発揮することができるのです。それが一番尊い事なのです。人と比べる必要はありません。どんなことでも、お題目をとなえて頑張って、自分の持っている最高の力が出せればいいのです。

 そうすることによって、どんどん立派な人に成長出来るのです。

 今日も、遊びにも行かずこうして大宣寺さんに集まって、信心修行をしているみなさんこそ、最高に意義のあるシルバーウイークを過ごせた人達なのです。
 そのことを誇りに思って、また頑張って下さい。
 ありがとうございました。

   少年部広布推進会の砌

                              
  TOP
 




 
     同名神(どうみょうじん)と同生神(どうしょうじん)  
     
     同生神はみなさんの右肩にいて悪事を記録する女神、同名神は左肩にあって善事を記録する男神のことをいいます。

 この同名神と同生神という二つの神が、みなさんがお母さんのお腹にいるときからずっといっしょにいて、見守ってくださっています。けれども、多くの人はそれに気がつかないでいるということが、『華厳経』というお経や『摩訶止観』という本に説かれています。

 大聖人様は、『四条金吾殿女房御返事』というお手紙で、
「人には左右の肩があります。この肩に二つの神がいるのです。一人を同名神、もう一人を同生神といいます。この神様は、影のように、眼のようにその人のそばにいるのです。そして、どんな小さな良いことも悪いことも、全部、諸天に報告されるのですよ。」(七五七頁 取意)
とおおせであります。

 ですから、誰も見ていないと思って悪いことをしたとしても、全部、御本尊様の知るところであり、悪いことをした罰は、必ず自分が受けるのです。
 反対に、誰も見ていなくても良いことをすれば、ちゃんと御本尊様はわかっていらっしゃって、みなさんをほめてくださり、守ってくださるのです。
 一番の良いことは、御本尊を信じて手を合わせることです。また、たいへんだけれども、勤行や唱題にがんばることです。

 これが出来る子は、どんどん立派なひとに成長していきます。
 まず、お父さんやお母さんをはじめ、色んな事に感謝できる子になれます。また、苦手なことにもがんばる子になれます。さらに、悪いことをしない正義の子になれます。

   少年部広布推進会の砌
                    
 
  TOP 




 
    ドラえもんと貪瞋癡  
     
   みなさんこんにちは 慈本寺で御奉公しております小橋道芳と申します。どうぞ宜しくお願いします。

 皆さんにお話しすることになって、何を話せばいいのかうちの小学生の子供にちょっと聞いてみましたら「前にアンパンマンの話しをしたから、今度はドラえもんがいいよ。ドラえもんで貪瞋痴(とんじんち)の話しをすればいいんじゃない。」と言われました。

 しかし、正直、ドラえもんのことはあまり知りません。また、テレビを見ていると、のび太のダメさ加減にイライラしてくるので、ドラえもん自体、あまり好きではありませんでした。たぶんここにいる皆さんのほうが詳しいと思います。

 ドラえもんの基本的な流れは、みなさんはもうとっくに知っていると思いますが、少々調べますと、まずスネ夫が手に入れたものをのび太に自慢して、のび太はくやしくなってドラえもんに道具を出してもらう。のび太はその道具で色々遊んでいるうちに、ついついやり過ぎて失敗してしまうというパターンだそうです。
 私は、「これは、論文を書くのと同じくらい難しいぞ。」としばらく考え込み、ドラえもん好きでなかったことを少し後悔しました。
しかし、子供に「なんだ出来ないのか」と思われても嫌ですから、何とか今日は頑張って皆さんにお話ししていこうと思います。

 まず、先ほど出ました貪瞋痴とは、三毒(さんどく)といって、人々の善い心を悪い心に変えてしまう元です。
「とんじんち」ことばのひびきは面白くて覚えやすいとおもいます。みんなで言ってみましょう。
「とんじんち」 

 しかし毒と言われるぐらいですから、大変怖いものです。
普通毒を飲めば人はどうなりますか?
体が麻痺したり苦しくなったりして、場合によっては死んでしまいます。
 貪瞋痴の三毒は、すぐに苦しんで死ぬわけではありませんが、良い心が破壊され、そのことによって不幸になって成仏できません。自分が死んだ後もずっと苦しむことになるので大変おそろしいものなのです。

 それでは、貪瞋痴を一つずつお話ししていきます。

 貪(とん)とは、むさぼりといって、必要以上になんでも欲しがることを言います。
 ドラえもんに出てくる登場人物でだれがこれに当てはまると思いますか?
 私はスネ夫だと思います。

 スネ夫は、とにかく自慢するのが好きですよね。お金にものをいわせて、プラモデル、ラジコンカーやゲーム類をたくさん持っています。それを空き地に持って行ってみんなに自慢する。ほとんどジャイアンに取られてしまうんですけどね。
 
 スネ夫は、これらの物をとにかく自慢しまくります。いつもみんなに自慢するためには、次々と最新のおもちゃやゲームを誰よりも早く手に入れる必要があります。ですから、いつまでたっても満足することがありませんし、自分の持っていないものを他の人が持っていると、うらやましくなってしまいます。
 のび太がドラえもんのひみつの道具に頼って、自分よりすごいものを出してきたりすると、おもしろくなくて、「のび太のくせに生意気だぞ」と言ってしまいます。

 大聖人様は、貪(むさぼ)るは餓鬼と仰せになられます。何事にも満足できず、つねにもっと欲しいもっと欲しいと苦しんでいます。また、大聖人様は、こういう人が増えていくと食べ物が無くなり、栄養失調や飢え死にしたりする人が出てくると仰せです。

 次は、瞋(じん)。怒りの心です。ドラえもんに出てくる、いつも怒っている人はだれでしょう。
 これはジャイアンですね。
 クラスのガキ大将であり、怒りっぽくて口も悪く、友達が自分の思うとおりに動かないとすぐ怒鳴って暴力をふるうため、クラスメイトなどから恐れられています。

 また、「おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの…」というセリフに代表されるように、自分勝手なところがあります。
 無理矢理、他の人の漫画やゲームを取り上げて自分のものにしたり、「ムシャクシャしている」という理由でのび太やスネ夫等を殴ったりすることがあります。

 大聖人様は、瞋(いか)るは地獄(じごく)と仰せです。瞋は他の人に苦しみを与えてしまいますので、今度生まれ変わったときには自分が地獄の苦しみを受けてしまいます。また、大聖人様はこういう人が増えると戦争が起きると仰せです。

 最後は癡(ち)といって、「おろか」という意味があります。
 これはのび太が当てはまると思います。のび太がなまけもので勉強も出来なくてダメなことは、ほとんどの人が知っていると思います。
 ドラえもんが嫌いな人は、「のび太はなまけものでダメなのに、ドラえもんが甘やかしている」という部分が嫌になってしまうようです。
 
 大聖人様は癡(おろ)かは畜生とおおせのように、物事の本当のことを知ろうとしない人は、動物と同じだと仰せです。また、こういう人が増えると、厄病が充満すると仰せです。
 今で言えば、インフルエンザなどそうですし、放射能・食中毒なども当てはまると思います。特に今発生している原子力発電所からの放射能汚染や生肉での食中毒などは、人々の思い上がりや油断、愚かさから来ていると言えます。

 みなさんの周りにも、スネ夫・ジャイアン・のび太に似ている人はいませんか?また、自分自身の中に、スネ夫・ジャイアン・のび太の悪い部分はありませんか?
 自分にもそういうところがあるなと思う人は手をあげて見て下さい。
 「はい。いま手を挙げた人は正直な皆さんです。」
 どんな人にだって、こういう命はあるのです。なんでも欲しがって満足できない命・憎んだり怒る命・正しいことを知ろうとしない理解できない命。

 しかし、ここまで世界中にドラえもんが愛される理由は、それぞれにいいところもあるからなんですね。
 スネ夫のいいところは、なんですか?
 「新しいラジコン買ったから見に来ない?」
 「最新刊の漫画を買ったから見せてやるよ~。」
 彼はいつもこういう風に友達を誘います。そう、彼は「一緒に遊ぼう!」って一言がいえないんです。そしてその代わりにいつも「おもちゃ」を使います。
 でもスネ夫がおもちゃを持っているから、ジャイアンやのび太やしずかちゃんは彼と友達なんでしょうか?彼らはいつも一緒ですよね?
 ドラえもんの映画とかだったら、本当に色んなところへ一緒に冒険しに行っています。
 それはスネ夫の家がお金持ちで色々モノを持っているからですか?
・・・違いますよね?
 ジャイアンやのび太やしずかちゃんはただ純粋にスネ夫のことが大好きなんです。
 スネ夫は時にはすっごく嫌な奴にもなります。
 でも、彼らがスネ夫を見捨てて友達を止めないのは、ただ彼のことが大好きだからなんです。
 そしてスネ夫も友達思いのところもあります
 ジャイアンはどうですか。乱暴者だけど、妹をかわいがり、家の手伝いもします。
 のび太をいじめる一方、風邪をひいたのび太を本気で心配したり、ドラえもんの力を借りられず追い詰められたのび太を助けることもあります。
 特に映画だと、命をかけて友達を守ろうとします。

 のび太はどうですか?のび太は、ダメな小学生の見本のような部分もありますが、「自然を愛し、思いやりがあって、誰にでもやさしい少年」でもあります。
 映画だと友達を助けたり、勇気を振りしぼったりします。

 どんな人にも、命のきれいな部分と汚い部分があるのです。しかし、間違った教えを信じてしまうと、自分の中にあるきれいな命がドンドン汚れていって、貪瞋痴の悪い部分しか出てこなくなるのです。
 そしてこういう人が世界中で増えると、戦争が起きたり食べ物が無くなったり、病気が流行したりするのです。

 現実に、のび太のように怠け者で勉強もしない・スネ夫のように自分の持ち物をいつも自慢して、もっと欲しいと満足できない・ジャイアンのように自分の思い通りにならないとすぐ怒って暴力を振るうという、三人のダメな部分だけ集めたような人はいます。

 そういう可哀想な人を救ってあげるためには、日蓮正宗の信心を教えてあげるしかありません。これを折伏といいます。日如上人猊下様が折伏をしなさいというのは、こういう大切な意味があるのです。

 皆さんが、自分の中にある汚い命をきれいにして行くには、勤行をしてお題目を唱えていくしかありません。完全に無くすことは難しい事ですが、そのために毎日頑張って修行をしていくのです。

 今日は、私達が勤行や唱題を頑張るのは、こういう貪瞋痴を少しでも減らしていく修行なんだと言う事を覚えて帰って欲しいと思います。
 貪瞋痴 みなさんおぼえましたか?
 それではお話しを終わります。
   少年部広布推進会の砌
                           
  TOP  


        住 職  () (はし)  (どう)  (ほう)  


 
    御住職の法話目次へ  
    Copyright (c) 2010-2015 NichirenShoshu Hokkeko Jihonji All Rights Reserved